【今月のテーマ】『使える』スキルアップを目指す【2016年4月】

「スキルアップ」って、
“資格試験等”合格したら「スキルアップ」したことになるのかな?
または“資格試験等”が無い「スキル」だったら、
誰が「スキルアップ」したこと認めてくれるのだろう?
そもそもなこと、そもそもな問題として、
「スキルアップ」自分軸?それとも他人軸?
そんな疑問から「スキルアップ」を考えてみる一ヶ月の始まりです。


おはようございます。大和雷です。


2016年は新しい技術を身につけることや、
「スキルアップ」を考えている方が例年に比べてたくさんいる、と個人的には考えています。


「スキルアップ」したいと考えた時のシンプルな動機を挙げてみました。



  • 何か技能を身に着けたい、
  • 今よりも“できる”ようになりたい、
  • 新しい技能を使って仕事がしたい、

色々な動機があると思います。


「スキルアップ」を趣味で始める人もいるでしょう、
仕事で使うスキル、仕事で必要なスキルだから始めるという人も、
転職を考えている人も、ベースとなる動機、
「スキルアップ」を考えている人に共通することは、
今の自分何かをプラスアルファしたい、というのが動機だと考えています。


突然ですが、このブログ記事をご覧の方に一つお聞きしたいことがあります。


【質問です。】
スキルアップや新しい技術や技能を身につけたいと考えた場合、
最短で身につけることができるにはどうしたらいいでしょうか?


少しの間、この質問の答えを考えてみてください。


考え終わりましたか?


ちなみに正解なのですが、正解はありません!
答えはありません!


え?驚きましたか?申し訳ない。


正解答はありませんが、
ブロガーとしての私見をお伝えすることはできます。
なので、
ブロガーとしての私見、『最短でスキルアップするにはどうしたらいいか?』を、
端的にお伝えしたいと思います。


そうですね。昔から言われている文言です。
これに尽きると私自身は考えています。
それは、「習う」より「慣れろ!」です。


この言葉は、スキルアップ新しい技術や技能を身に付ける際に、
非常に端的に、わかりやすく表現されている言葉になっていると考えています。


「今年こそは!」や、
「2016年は絶対に!」など、
新しいスキルよりスキルをアップしたいと考えている一部の方に向けて、
個人的な意見で申し訳ないのですが、
“ほとんどの人が身につけたいと考えているスキルアップ”を、
メインテーマに今月はお伝えしていこうと考えています。


“ほとんどの人が身につけたいと考えているスキルアップ”とは何か?
すぐに思いつく人もいれば、すぐに思いつかない人もいるでしょうし、
「私は”ほとんどの人”には属さないな」と思っている方もいるかと思いますが、
一つだけお伝えするとするなら、
使いたいけど、イマイチ使えてないスキルを習得するには「慣れる」しかないと、
いうことをまずはお伝えしておきたいと思います。


自身の過去の経験を踏まえた上で、端的に、否、単刀直入にお伝えすると、
「スキルアップ」に必要な最初のステップ
最短で身につける方法は、
「習う」より「慣れる」ということ以外には無い、と考えています。


このことを頭の片隅に置いてもらって、
読み進めていただければと思います。


既に何度も言っていますが、
「習うより慣れろ!」
このことを少し頭の片隅に置いて読み進めてみてください。


その上で、
スキルアップに大切なことをもう一つお伝えしておこうと思います。


新しい技術や技能、スキルアップを考えている際に大切なことがあります。


それはやはり、動機です。


そしてもうひとつ大切なこと、キーワードがあります。
それは、なぜ?という言葉です。


これら2つの言葉、動機なぜ?を組み合わせて使うことによって、
自分は本当にこの新しい技術や技能、
スキルアップを本気で身につけたいと考えているのか?と、
自分自身に問えることができるからです。


要するに、この質問を自分自身に投げかけることによって、
自分自身で「スキルアップすること」に対して納得できるということが、
なにより大切になってくるからです。


例え話を一つ挙げてみます。


あなたは近頃、転職を考えています。
今のままでは自分が本当にやりたいことに繋がっていない。
本当に自分がしたいことをするには、転職する時に必要になるスキルが必要になる。
その仕事をするために資格をとろう。


普通はこのように考える、このような思考過程を踏まえるはず、と考えています。


この例え話の時に、
上記で述べたこと、
動機なぜ?を徹底的に自分自身に問うてみてください。
そうすることで、
「自分はどの程度本気で『スキルアップ』をしたいと考えているか?」という、
自分自身の、自分自身に対する、「スキルアップ」への本気度がわかるかと思います。


なぜこのことが「スキルアップ」をする課程の前に知っておく必要があるのか?
というと、資格を取得した後のことを考える必要があるからです。


もう一つ、例えばな話を。
「スキルアップ」のわかりやすい例として、
資格取得を考えてみた、としましょう。


資格取得をする為に、
限られた時間の中でなんとか資格取得する時間を捻出し、
頑張って勉強して、やっとの思いで資格取得できた、とします。


個人的な意見としてですが、
『資格取得「前」』『資格取得「中」』も大切ですが、
それよりももっと大切なこと、
『資格取得「後」』のことをもう少し考えておく必要があるのではないか?と、考えています。


なぜなら、
資格を持ってるだけで仕事ができる資格もあれば、
資格を持っていても仕事ができない資格もある、
と、個人的には考えているのですがいかがでしょうか?。


簡単な例を挙げてみましょう。
資格を持っていればB社に転職することができる!とあなたは考えますよね。
だけど実際は、資格を有しているだけで仕事ができるというのは別にある、
ということになりかねません。
つまり、資格“面接する為に必要”必須条件でしかない、
ということになってしまう可能性もあるからです。


上記の例のように、こんなことになった場合はどうでしょう?
なぜなら時間お金をたっぷり使って、
新しい技術や技能、スキルアップが達成されたとして、
その後の道が無ければ意味は無い、そう思いませんか?


上記の例の人に当てはめて考えるならば、
資格は取得できたけど、転職はできなかった。
ということになりますよね。


本当にこれだけは避けたいところです。


なので私個人としては、
資格取得後のことを徹底的に調べておく必要があるのではないか?
ということもしっかりとお伝えする必要があるのではないか?と考えています。


自分の本気度もわかった、
スキルアップ後のこともしっかり調べた、
あとはもう「スキルアップ」のことだけ考えていればいいよね!
と、思った方はもう一つだけ考えておいて欲しいことがあります。


徹底的に、資格取得後のことを調べ、
徹底的に、自分自身に動機となぜ?を問うてみた結果、
資格取得しよう!と決意したら、
後は資格取得のことだけ考えますね、というか、
それしか考えない方がいいですよね。


ただ一つだけ、
『スキルアップ』を考えている中で最大にして最大の、
最も考えなければならない物理的な問題に直面します。


それは、


資格を取得するのに必要な時間
そして、
資格を取得するのに必要なお金
今の自分に資格を取得する為に必要な勉強時間は確保できるのか?
今の自分に資格を取得する為に必要なお金は確保できるのか?です。


このことが完全にクリアされないと、
「しんどくなる状況に陥った時、どうするべきか?」に悩むことになります。


端的に表現するとしたら、
「続けるべきか、否か」です。


本当にこのコトだけは避けたいところです。


そうならないようにするにはやはりというべきでしょう、


ゴールからイメージすることが大切になると考えています。


ゴールというのを端的な例で考えてみましょう。
身につけた新しい技術や技能、スキルアップした能力を使って、
自分が希望した仕事
自分がやりたいと思っていた仕事をバリバリやっているところです。


その数カ月前に資格を取得していました。
資格を取得する数カ月前は資格取得の為に勉強をしていたんですよね。


大切なことは、○○をしながらです。
自分が普段やっていることをしながら、という意味です。
この時のあなたはどんな感じなのかも合わせてイメージしてみることをオススメします。


そしての場所に降りてくるかと思います。
今、このブログ記事を読んでいるあなた!


今年の後半
もしくは来年の前半には、
新しいあなたがいること、
既にイメージしたのだから、
あとは実行するだけ!ですね!


上記のような自分の設定したゴールからのセルフイメージをやってみると、
「スキルアップ」するということにより集中できるかと思います。


最後になりましたが、
そこで今年、2016年に、
新しいスキルよりスキルをアップしたいと考えている方に向けて、
個人的ではありますが、
“ほとんどの人が身につけたいと考えているスキルアップ”を、
主に今月はお伝えしていこうと考えています。


“ほとんどの人が身につけたいと考えているスキルアップ”とは何か?
すぐに思いつく人もいれば、すぐに思いつかない人もいるでしょうし、
「私はこのブロガーが考える“ほとんどの人”には属さないな」と、
思っている方もいるかと思いますが、一つだけブロガーとしてお伝えするとするなら、
使いたいけど、イマイチ使えてないスキルを習得するには「慣れる」しかないと、
いうことをまずはお伝えしておきたいと思います。


それでは今月のお題を発表したいと思います。題しまして、


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P00】です。


最終更新日:02/28/17


【目次】2016年4月に投稿した記事一覧


2016年4月1日から4月2日に投稿した記事一覧
2016年4月3日から4月9日に投稿した記事一覧
2016年4月10日から4月16日に投稿した記事一覧
2016年4月17日から4月23日に投稿した記事一覧
2016年4月24日から4月30日に投稿した記事一覧


広告

2016年4月1日から4月2日に投稿した記事一覧


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P01】


英語学習を始める前に知っておくとお得なことをお伝えします。
このように書くと、
「色々言っても、色々書いてても、別に私に/俺には当てはまらない」と、
思う方も大勢いるかと思いますが、私の過去の英語学習の経験を踏まえた上で導き出した、
英語学習の目標の目標になりうるのではないか?と思い至ったので、
もし英語が苦手だと思っている方に読んでいただきたいと思います。


2016年4月3日から4月9日に投稿した記事一覧


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P02】


英語を身につける英語を使いこなす英語に慣れるとでは若干ですが、
意味が違います。まず筆者があなたに伝えたいことは、
「英語に慣れる為に、英語をある程度身につけて欲しい」と考えています。
では「ある程度」とはどういうくらいのことを指し示しているのか?
英語を身につける上で絶対に外せないことから学習して欲しいと、
過去の自身の英語学習を踏まえたうえでお伝えしたいと思います。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P03】


英語学習の目標の目標とは、英語に慣れるということです。
では、英語に慣れるとはどういうことか?
それをお伝えする前に、もう一度自分自身に尋ねて欲しい質問があります。
その上で英語学習に際し、いくつかの注意をお伝えしたいと思います。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P04】


英語学習の目的に関して、最も共通するのはテスト対策だと考えます。
これはもう年齢によって違うということでもないでしょうし、
職業によって違うということでもない、というのが昨今の事実上の現実でしょう。
そうなると「英語の勉強を始める動機」イコール「テスト対策」以外の動機では、
英語を身につけるということはできないのか?ということについて、
ブロガー大和雷の見解をお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P05】


英語に『慣れる』学習法の「心構え」をお伝えします。
英語が苦手と考えている人、英語が苦手と思っている人にとって、
英語を勉強する際に大切なことがいくつかあります。
自身の経験を踏まえ、それらについてお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P06】


英語学習に際し、誰もが最も気になることがあります。「時間」と「お金」です。
「いったいどれくらいの時間とお金を費やせばいいのだろうか?」と、
英語学習を始める前に誰もが考えることです。
その中でも特に“英語が苦手”と考える人にとっては大問題と思うのが常だと思います。
なぜなら「英語ができないのだから、
長期間勉強する必要があるだろうし、
その分、お金も掛かるだろうな。」と考えるからです。
それらのことについて筆者自身の考えをお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P07】


英語学習を始める前に知っておくとお得なことをお伝えします。
物理的負担精神的負担についてです。
予想はつくかと思いますが、
まずこのことをしっかりと決めておくことを強くオススメするとともに、
その「決めたこと以外のことは一切行わない」ということについてお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P08】


英語を教える場合、あなたはいくらで教えますか?
この視点をもってみて欲しいと考えています。
英語学習者にとっては「何の話よ?」と思うかもしれませんが、
究極的には英語を学ぶ学習スタイルにつながることだと、
筆者は考えています。それらについてお伝えします。


2016年4月10日から4月16日に投稿した記事一覧


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P09】


英語に『慣れる』為の学習方法を本格的に始めてみようと考えている方に向けて、
筆者自身が過去に受けた英語学習を元に、
英語の基本中の基本であり“英語の極意”と思ったことについてお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P10】


英語に『慣れる』にはまず英文法を身につけることから始めます。
なぜ英文法から身につけると英語に『慣れる』と言えるのか?
筆者自身が経験したことを踏まえて端的にお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P11】


英文法の基本の形を知れば、
自分の中にある「足りない英語」に気づくことができます。
まずはこのことから知る必要にあるので、そのことについてお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P12】


英単語の学習の優先度について、
なぜ英文法を学習する優先度が高いのか?について、
英語に『慣れる』という観点からどちらの方が学習優先度が高いか?について、
筆者が経験し考え至ったことについてお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P13】


英語学習において“英語における変化球”とは何か?についてお伝えします。
“英語における変化球”をまず知ることで、
英文法を理解する為にまず何が必要なのか?を知ることができると考えています。
それらについてお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P14】


英語に『慣れる』為にまず知る必要がある基礎、
英語の勉強をする為の勉強である英文法にまず『慣れる』為に、
どのように学習したらいいのかについて筆者の経験を踏まえたことを元にお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P15】


英語に『慣れる』為にもう一つ必要な学習要素があります。
それは声に出すまたは話すです。
英文法を意識しながら話す練習英文法を意識しながら声に出す練習を行うと、
より一層英語に『慣れる』ようになります。それについてお伝えします。


2016年4月17日から4月23日に投稿した記事一覧


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P16】


英語学習において一番難しいことがあります。それはリスニングです。
英語に『慣れる』為にも避けられないのですが、
まずは英文法に焦点をあててリスニング学習を行うことについてお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P17】


英語に『慣れる』為にまずは英文法を身につけることをお伝えしています。
今回は英文法の中でも特に大切な基本の一つである時制について、
筆者自身の経験を元に「この場面にはこの時制を使う」と云った例を挙げながら、
英文法における時制の使い方についてお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P18】


「否定形を使いこなせるようになると表現の幅が広がるよ」と、
唐突ですが筆者の意見をお伝えしておきたいと思います。
英文法を学習する際には必ずといっていいほど基本的なことですが、
あまり重要視されていない感もあるのではないか?と考えています。
今回はそれらの点についてお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P19】


前回は一人称をベースにお伝えしましたが、
今回は二人称をお伝えしたいと思います。
「二人称を使う場面って日常あるの?」と思う方にとってはお得な情報だと考えています。
否定形を元に二人称を使う場面をお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P20】


三人称を使えるようになると英語の文章を書けるようになります。
筆者がそのように断言するには理由があります。それは代名詞です。
代名詞を使えるようになると格段に英語に『慣れた』と言えます。
今回はそれらについて前回同様に否定形をベースにお伝えしたいと思います。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P21】


連日お伝えしているテーマ、
英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかないとお伝えしていますが、
『英語を身につけるという動機の究極的な答えとは?』
そんな考えを元に今回は筆者の考えをお伝えしたいと思います。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P22】


筆者自身が経験したことを元に、
「学ぶ順番はこれがベターだな」という感じのことを中心に、
実用的な英語に『慣れる』方法についてお伝えしていきます。


2016年4月24日から4月30日に投稿した記事一覧


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P23】


筆者自身が経験したことを元に、
「学ぶ順番はこれがベターだな」という感じのことを中心に、
今回は疑問文を使って英語に『慣れる』方法をお伝えしたいと思います。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P24】


英語に『慣れる』ということをスピリチュアル的な観点でお伝えすると、
どのような表現になるのか?と個人的な興味が湧いてきたので、
今回はそういう感じの内容でお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P25】


本格的に英語に『慣れる』為に“次に必要なステップ”をお伝えします。
英文法をより『慣れて』使えるように、英文を書けるようになろう!」です。
これについてお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P26】


「まず英語で○○ようになろう」という、
文言を見たり聞いたりした人が少なからずいると思います。
今回は、「まず英語で読めるようになろう」についての問題点と、
「英語を読めるようになるには?」という疑問について、
筆者の考えや一つの見解をお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P27】


「まず英語で○○ようになろう」シリーズ、
今回は「まず英語を書けるようになろう」についての問題点と、
英語に『慣れる』為の一つの鍵をお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P28】


「まず英語で○○ようになろう」シリーズ、
今回は「まず英語を聞けるようになろう」についての問題点、
全てを知ることよりも割り切ることについてお伝えします。


【苦手克服】英語を使いたいなら英語に『慣れる』しかない【P29】


「まず英語で○○ようになろう」シリーズ、
今回は「まず英語を話せるようになろう」についての問題点、
そして「話せる」ようになる為に必要な基準について、筆者の見解をお伝えします。



blogTimestamp_040116_00.png
広告
広告